はたクリニックについて

はたクリニックのご紹介

受付

受付

患者様にお気軽にご相談いただけるように、白いオープンカウンターになっております。病気や健康についてのパンフレットやチラシも置いてあります。お気軽に、ご利用ください。

待合室

待合室

優しい自然光が窓から差し込む明るい待合室です。テレビモニターもございますので、待ち時間も退屈することなくお過ごしいただけます。

CT室

CT室

体内の断層写真を撮影します。体のすべての部分を様々な角度から立体的に撮影することが可能です。

眼科 検査機材のご紹介

OCT(光干渉断層計)

OCT(光干渉断層計)

目の奥の網膜の断層画像を撮影することができます。網膜神経線維層の欠損や黄斑部の厚みを検出、測定することができ、緑内障や加齢性黄斑変性症などの網膜疾患の診断、早期発見に有効です。

自動視野計

自動視野計

精密で信頼性の高い視野検査を行っております。緑内障など種々の眼疾患の診断補助や経過観察が可能です。

オート無散瞳眼底カメラ

オート無散瞳眼底カメラ

緑内障や糖尿病網膜症などの眼底疾患の状態をモニターで表示します。

オートレフケラトノメーター

オートレフケラトノメータ

近視、遠視、乱視がどの程度あるのか、また角膜の縦と横のカーブの状態、眼圧を計測する装置です。1台でこの検査を行うことができ患者様は場所を移動することなくスムーズに計測できます。

ワック

ワック

遠近感のある写真が次々入れ替わります。写真を目で追っているうちに、毛様体筋がゆるんだり、縮んだりを繰り返し、緊張が取れ、レンズ(水晶体)も厚みの変化を繰り返して、仮性近視の改善を促します。

スポット・ビジョンスクリーナー

スポット
ビジョンスクリーナー

まだ視力検査ができない乳幼児(6ヵ月~)の屈折異常(近視、遠視、乱視)斜視を迅速に検査を瞬時に行うことが可能です。

眼科担当医 ご挨拶

眼科担当医副院長秦 裕美

今回、先代院長である父が昭和57年に開業した秦脳神経外科を継承し、平成29年7月に「はたクリニック」として新たに消化器内科・眼科を増設、開業いたしました。

CTも完備しており、消化器内視鏡検査もできます。
内科、眼科、脳神経外科が併設であることで、視力、視野障害、視力障害などの症状が現れる脳出血、脳梗塞などの診断もその場で可能になります。高血圧、糖尿病など眼にも異常のおこる全身疾患も、早期発見、早期治療の対応が可能です。

頭痛、肩こり、めまいなど、どこが悪いのかわからない、病気かどうかわからないような小さな不安でも、気軽に相談していただけるアットホームな雰囲気のクリニックにしていきたいと思います。

目の病気は、症状が現れた時に眼科を受診しても、もうその時には目の病気がだいぶ進行している場合もあります。
特に小さなお子様は自覚症状がない場合も多いため、定期的に眼科を受診することで目の病気を早期発見し、早期治療することが可能になります。

目の病気は、他の病気と違って直接的に体調が悪くなるものではありませんので、どうしても眼科の受診っが億劫になりがちです。
しかし、眼科での定期的な検診により、目の病気を予防したり、進行を遅らせたりと、日常生活をより良く過ごせるようになることが可能になります。
はたクリニックでは、眼科だけの受信も可能ですし、消化器内科・脳神経外科と併せて眼科を受診されることも可能です。

小さなお子様からご年配の方まで、おひとりおひとりとじっくり向かいあい丁寧なご説明、診療を大切にしています。
目についてお困りのことがありましたら、些細なことでもお気軽にご来院ください。
練馬地域でのかかりつけ眼科として、練馬地域の皆様と、目の病気と、日々向き合っていければと思っております。

当院で対応できる疾患は、しっかり責任をもって治療させていただきます。
症状によっては信頼のおける最良の医療機関へ、ご紹介させていただきます。
気になることがありましたら、まずはご相談ください。

どうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。

副院長プロフィール

経歴

  • 東京女子医科大学 卒業
  • 東京女子医科大学 医局
  • 国立身体障害者リハビリテーションセンター
  • 戸塚共立第一病院
  • 三井記念病院
  • 朝霞台中央病院
  • 立川中央病院
  • はたクリニック

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会

資格

  • 日本眼科学会認定専門医
  • 視覚障害者用補装具適合判定医師
  • ボツリヌストキシン療法認定医