オルソケラトロジー

2021/04/05

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは、一般的なコンタクトレンズとは異なり、特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズを寝ている間に装用する事で、角膜の前面を平坦化して視力を矯正する方法で、角膜の形状を矯正し、日中を裸眼で過ごすことができる近視矯正方法です。

アメリカでは30年以上前から、研究・処方され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と有効性が認められ、実施されております。また、日本でも2009年に厚生労働省に承認されております。

どうして近視になるの?

近視は、目のピントの合う位置より後ろに網膜がある状態です。

成長にともない眼が後ろに大きくなる、眼軸長が長くなると近視の度が進行し、正視の状態よりも大きくなると裸眼視力が低下していき、ピントを合わせるのに眼鏡が必要になってきます。

もともとの遺伝に合わせて、屋外活動の時間が少なかったり近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすいと言われており、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。

そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制になります。

当院では、近視の進行抑制治療としても、オルソケラトロジーを行っています。

これらの治療は保険適用ではないため、自費診療となります。

オルソケラトロジーのメリット、デメリット

大人の方ではメガネやコンタクトレンズなしで生活することが出来るので、激しい運動やマリンスポーツ、ウィンタースポーツを裸眼でしたい場合は使用可能ですが、近視の抑制効果は期待できないことと、矯正精度は日中のコンタクトより劣ります。

補正した視力は一定時間維持され、日中は裸眼でもよく見えるようになります。

レーシック手術は不可逆的な治療で18歳未満は受けられないのに対して、オルソケラトロジーは慎重処方を条件に20歳未満でも可能で、治療をやめればもとの視力に戻る可逆的な近視矯正法です。

お子さんへの処方は、本人の成熟度と保護者の方の十分な協力、定期的な目のチェックが重要です。

オルソケラトロジー治療の流れ

はじめるにはまずオルソケラトロジーが適応となるかどうかの検査を行います。

基本的には軽度から中等度までの近視が対象です。

近視・乱視の度数、眼の病気の有無、涙液の検査などで問題が無いかどうかをチェックします。

角膜形状に合ったテストレンズを選んだ後、トライアル装用を行い評価します。

トライアル装用にはお時間がかかりますので、そのためのご予約が必要です。

  • 自分ではコンタクトレンズ管理のできない(小学生など)
  • 近視の手術に抵抗感のある
  • お子様で視力低下の進行が強い
  • ドライアイで通常のコンタクトが使えない
  • 比較的近視や乱視が軽い

特殊にデザインされた高酸素透過性コンタクトレンズを用い、、近視の進行抑制効果が認められています。