子供の近視

2018/04/02

子供の近視が増えています

最近の調査では、小学生の10%が近視で、中学生になるとさらに増え、20~30%の生徒に近視がみられるといわれています。

遠くが見えづらいだけのふつうの目です。近視を特別視して子どもの心を傷つけないようにしましょう。

子供にとって目の情報はとっても大事

見えるということは目で見た情報を視神経を通じて脳に送られそこで映像化されることです。

子供の脳は、たくさんの刺激を受けて発達していきますが視力が低下するとはっきり見えなくなるので脳に伝わる刺激も減ることになります。

はっきり見せてあげて脳にたくさん刺激を与えることが脳の発達に大切です。

近視は近いところは見えますから日常生活に不自由がないなら眼鏡はかけなくてもかまいませんが、視力0.7以下になったら考たほうがよいでしょう。

近視で授業についていけなくなることも

小学生、中学生では近視では黒板が見えにくくなったり、先生の表情がわかりにくくなる結果、視力の低下から、授業の内容がわからなくなることにもつながることもあります。

かと言って無理に眼鏡を作っても、本人が見た目の問題などから納得していなければ使用しないでしょう。

はじめての眼鏡の場合はよくお子さんとお話をしてください。

場合によっては一時的に点眼薬を使用しながら一緒に相談して決めていくようにしましょう。